スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋明菊

DSC00026_convert_20121026083456.jpg  朝の光の中のつぼみ。              

       素朴な秋の花、秋明菊は、ひそかに、表情豊かです。 
                      
                           DSC00114_convert_20121026082655.jpg 清純そうなお姫さまは

           笙ェDSC00140_convert_20121026082441  
   
            実は、狂おしかったりするのです。



スポンサーサイト

5分ばかりのできごと

うまれたばかりのちょうちょ

    
太陽光パネルの取り付けで、
朝からたくさんの人が働いています。

日射しがとても澄んでいて、
秋の光があちこちでおしゃべりしています。
草引きをしていると、引いた草の束の中に、
まだ濡れているような、ふしぎなものが目につきました。

なんだろう?と目を凝らして見ると、ちょうちょのようです。
身体が濡れていてべたべたしているように見えます。
羽もしめっていて、しわしわの部分があり、
まだ開ききっていません。

じいっと見ていて、やっと、
これはうまれたばかりのちょうちょが
羽を乾かしているのだということがわかってきました。

わたしが草むらをがさがさしたので、
羽化をさまたげたかもしれないと
心配でたまらなくなり、様子を見守っていました。

しがみついていた草が急に動いたので、
びっくりした、うまれたてのちょうちょ。
あかちゃん、というふうではなく、
羽もしっとり、胴体は黒々しているので、
ういういしい乙女のようです。

彼女(彼?)はあわてて、
羽を乾かせる場所をさがして、歩き回りました。
まだ乾かない羽を広げて10センチほど飛んだりもしました。

やっと落ち着ける場所を見つけて、
そこで、羽を広げてじっとしていたのですが、
しばらくして急に、ぱっと、飛び立ちました。

そして、青い空を目指して、ひらひら、ひらひら、
しっとりと、うつくしく、飛び立っていきました。

感動して、涙。
ちょうちょの飛翔を見たのは初めてでした。

たった5分ほどのできごとでした。
     



    
    
プロフィール

比叡平のお庭

Author:比叡平のお庭
標高350メートルほどのところにある庭。
隣の音楽室には美しいピアノが2台、ライアー(竪琴)、チェンバロやバイオリン、リコーダーなど、たくさんの楽器が、白木の香るお部屋の中に棲んでいます。音たちのお部屋です。
生きた音が生まれるすぐそばで、木々や草花、虫たちも風と戯れる、わたしはお庭。
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。