スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春から夏へ


5月と共に春が過ぎ去ってゆく
大地があたためられ
風が起こり
草が芽生え、花の香りのなかで、
水の季節へと移行する

春に生まれた息は
水の洗礼を受けて
熱に変わる

暑い日と、星を仰ぐ青い夜の循環が
人や自然の営みを支え

平和を思う夏が来る

   2010/05/31






スポンサーサイト

今日はいっぱい音楽が聞こえてきて、お天気も晴れて気持ちがいいし、うれしい一日でした。

アンネのバラが咲き始め、しろいバラ、サマースノーもつぼみが膨らみ、白と紫のアヤメ、ミヤコワスレも花盛り。
タチアオイは大きな葉を広げ、ワイルドに育っています。小さなつぼみがたくさん。

今日流れてきた音楽です。

シューベルト ソナタD850ファンタジー第1楽章
モーツァルト ソナタK333第1楽章
       ソナタK310第1楽章
シューベルト 即興曲 D935-3
ショパン   エオリアンハープ
       小犬のワルツ
       即興曲第1番
       幻想即興曲
       ワルツ(遺作)

ライアー たなばた
     アニーローリー
     バッハ アンナ・マグダレーナのための小品集よりアリア
         アルマンド(フランス組曲Ⅴ)
         フーガ ハ長調(平均律ピアノ曲集Ⅰ)
         ラルゴ
     シューマン トロイメライ
     主はわたしの光
     ジュピター(ホルスト)
ワルツのように、小さい歌(カバレフスキー)

バイオリン シチリアーノ (フォーレ)
      カンティレーナ (アンドレ)

5月29日

ぐつぐつ、ぐつぐつ、
下の方で何かが煮えたぎっている

季節に似合わず外の風は冷たくても
大地の奥の熱い熱はもっともっと熱くなって
夏に向かう

植物の根たちは
感じるのです、熱い熱い地球を。

どんなことがあっても
地球はすべてを載せて営んでいる。


プロフィール

比叡平のお庭

Author:比叡平のお庭
標高350メートルほどのところにある庭。
隣の音楽室には美しいピアノが2台、ライアー(竪琴)、チェンバロやバイオリン、リコーダーなど、たくさんの楽器が、白木の香るお部屋の中に棲んでいます。音たちのお部屋です。
生きた音が生まれるすぐそばで、木々や草花、虫たちも風と戯れる、わたしはお庭。
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。